My Seasons

ブログやるならJUGEM
<< 晩秋の京都(14)仁和寺 | main | 浜松城公園の梅 >>
晩秋の京都(15)妙心寺・退蔵院
0

    JUGEMテーマ:写真

     

    京都滞在の最終日は、妙心寺の塔頭・退蔵院を訪ねました。

     

     

    1404年(応永11年)に越前国の豪族・波多野重通(はたのしげみち)が妙心寺第三世・無因宗因(むいんそういん)を開山として千本通松原に創建し、日峰宗舜により妙心寺山内に移されました。
    一時期衰退しましたが、後奈良天皇の帰依が深かった亀年禅愉(きねんぜんゆ)により中興されました。
    初期水墨画の代表作である国宝「瓢鮎図」を所蔵することで知られています。
    余香苑(よこうえん)
    中根金作による名園で、春は桜、秋は紅葉が楽しめます。

    2017.12.2撮影

     

     

     

    ランキングに参加しています!


    クリックよろしくお願いしますm(__)m

     

     

    | しずか | 紅葉 | 13:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 13:34 | - | - | - |
      晩秋の京都の本山妙心寺の塔頭の退蔵院の「瓢箪 鯰図」は有名です!見事な紅葉は始めてです!
      | willy_tsuguo_shikata | 2018/02/14 11:33 AM |
      四方さん、ここも今年の秋の旅のコースのリストに
      入れたらどうでしょう?
      大型バスでも妙心寺なら大丈夫ですよね。
      | しずか | 2018/02/15 11:35 AM |









      http://hidezohidezo.jugem.jp/trackback/164
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE